研究領域

鷺谷威の研究紹介

(1)大地震に関連する地殻変動の研究


GPS観測により得られた日本列島のひずみ速度分布

大地震を起こすエネルギーはプレート運動に伴う地殻変動によって蓄積される。GPSなどの人工衛星を用いた測地技術により、現在起きている地殻変動をミリメートルレベルで把握することが可能である。南海トラフや活断層、火山の周辺における精密な地殻変動の観測とその解析を通して将来発生する大地震に向けた準備状況を把握するとともに、地殻変動のメカニズム解明および将来発生する大地震の準備状況の把握に関する研究を進めている。

(2)地震ハザード推定と伝達手法の研究


②GPSのひずみ速度から推定した地震発生率

日本では政府の地震調査研究推進本部により地震活動の長期評価が行われ、地震動予測地図として地震ハザードが公表されている。しかし、その内容は必ずしも正確な地域比較になっておらず、情報の受けた側での利用方法も示されていない。一方、長年にわたって推進されてきた地震予知が研究は行き詰まり、地震予知を前提とした防災体制も見直しを迫られている。こうした状況に鑑み、将来の地震活動について科学的に提供できる災害情報は何なのか、それをどのように伝えるべきか、といった内容について考察を進めている。

http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/sagiya/Sagiyas_Page/Welcome.html
研究領域一覧へ