減災館について

開館日程・GalleryTalk予定

※ ギャラリートークは、立ち見になる場合がございますので、ご了承ください。

減災館News&Topics

ぶるる画像
      ● 第28回特別企画展のご案内 ●


第28回特別企画展
「伊勢湾台風から60年~あのときの被害・避難・復興の実態に迫る~」を、
2019年9月25日(水)から2020年1月17日(金)まで開催いたします。
たくさんのご来場をお待ちしております。



1959(昭和34)年9月26日、和歌山県潮岬付近に上陸し、時速65 kmで東海地方を駆け抜けていった伊勢湾台風(5915号、国際名Vera)は、上陸時中心気圧929 hPa、暴風域直径700 kmを有し、名古屋港に観測史上最高潮位(N.P. 5.3 m、午後9時35分時点)をもたらしました。沿岸域に押し寄せた高潮は、堤防を越流・破壊しながら大量の貯木材(約42万石)を伴って市街地に押し寄せた一方、山地に降った豪雨は大規模洪水を発生させ、濃尾平野では高潮と洪水により310 ㎢もの広域にわたり長期に浸水しました。
この企画展では各地に残る当時の被災記録や「スーパー伊勢湾台風」の被害想定から、この地域に発生し得る大規模浸水を把握するとともに、当時の避難状況や復興過程を改めて分析した結果を皆さまと共有し、60年前の被害拡大の要因を探りながら、迫りくるスーパー伊勢湾台風へ備えを考えていきたいと思います。

チラシのダウンロードはこちらをクリック

<クラウドファンディング達成に伴い下記の事業を実施します>

チラシのダウンロードはこちらをクリック

 
<お礼>
 本企画展は、クラウドファンディング事業『伊勢湾台風から60年 迫りくる!スーパー伊勢湾台風に備えるために』に多数のご支援をいただき、実現いたしました.
 厚く御礼申し上げます.
                    <寄附者様のご芳名掲載ページはこちら>

ぶるる画像
      ● 第27回特別企画展 ●


第27回特別企画展「暮らしを支える埋設管路」は終了いたしました。
(2019年7月17日(水)~9月21日(土))
たくさんのご来場をいただき、まことにありがとうございました。


皆さまの日常生活を支える水道、下水道、都市ガス。
地震が発生した時には、水道管、下水道管、都市ガス管も被災し、市民生活や地域の社会経済活動に大きな支障が出ます。
普段は地下に埋設してあり、見ることができない水道管、下水道管、都市ガス管。
地震時に発生する被害やその影響を学び、それぞれの事業者が行っている地震対策を学び、皆さまがご家庭でどのように備えればよいかを考えてみましょう。

チラシのダウンロードはこちらをクリック

ぶるる画像
   ● 夏休みスペシャル減災教室 ● (2019/07/27)


減災館では7/27(土)に子ども向けイベント『夏休みスペシャル減災教室』を開催しました。たくさんのご来場をいただき、まことにありがとうございました。

当日の様子は、こちらをクリックしてご覧ください


ぶるる画像
   ● 来館者が7万人に達しました ● (2019/04/05)

2019年4月5日、減災館の来館者が7万人を迎えました。
記念すべき70000人目の来館者は、加藤千尋様です。また、加藤博子様、小芝来門(ら
いと)様が、69999人目、70001人目の来館者となりました。当日は福和センター長、
荒木展示委員ほかによる、記念セレモニーが行われ、記念品が贈呈されました。

      

 
ぶるる画像
        ● 第26回特別企画展 ●


第26回特別企画展「昭和東南海地震の真実」は終了いたしました。
たくさんのご来場をいただき、まことにありがとうございました。



昭和東南海地震には戦時下の”隠された災害”というイメージが定着しています。
しかしながら当時の人々は、さまざまな統制下でも研究者魂や測候所魂や報道者魂を忘れず、できうるかぎりの調査や活動を行っていました。我々もそのことをよく理解し、戦時下の特殊な環境のみに目を奪われることなく、それらを通して将来に向けての災害の教訓を冷静に考えてみることにしましょう。

チラシのダウンロードはこちらをクリック

<お礼>
 本企画展は、クラウドファンディング事業『戦災で埋もれた「昭和東南海地震」の記録と記憶を後世に残したい』に多数のご支援をいただき、実現いたしました.
 厚く御礼申し上げます.
                       <寄附者様のご芳名掲載ページはこちら>

 

 
 

減災館展示アーカイブ

ぶるる画像
        ● 第25回特別企画展 ●

第25回特別企画展「濃尾地震と震災報道」は終了いたしました。
たくさんのご来場をいただき、まことにありがとうございました。



1891(明治24)に起きた濃尾地震は、その被害の大きさから、明治政府が直面した最大の災害でした。しかし、今日に比べて情報伝達手段が未発達であった当時、被害の全容を人々が知るには時間がかかりました。特に、被害の大きかった岐阜県美濃地方や愛知県尾張地方では、交通手段や通信手段が途絶えたため、地震直後は、被害の把握と被害情報の伝達に手間取り、また、断片的な情報が流れていました。
しかし、甚大な被害の状況が明らかになると、それは海外からも注目され、海外でも報道されました。これには、地球規模で整備されていた電信が情報伝達の役割を担いました。
そこで、今回は、濃尾地震直後の震災報道に着目し、報道内容を検討しながら、どのような被害が注目され、それが、どのように報じられたかについて、当時の新聞の記事内容を基に考えてみることにします。また、文字報道が中心だった当時の新聞の報道内容と被災状況を写した写真を比較してみます。

チラシのダウンロードはこちらをクリック

 

ぶるる画像
       ● 第24回特別企画展 ●

第24回特別企画展「関東大震災と愛知県-「人事のあえてよくする所」とは?-」は終了いたしました。
たくさんのご来場をいただき、まことにありがとうございました。



大正12(1923)年の関東大震災は、我が国の歴史上最大の被害を出した自然災害であり、発生日の9月1日は「防災の日」として、毎年日本各地で、防災訓練などが行われています。
東海地方は震源から遠く、被害はほとんどなかったにもかかわらず、名古屋市千種区の日泰寺などには供養堂や慰霊碑があります。なぜでしょうか?
またさらに、愛知県犬山市の博物館明治村には、東京付近で震災を体験した建造物が沢山移築されています。これらは震災時にどのような役割を果たしたのでしょうか?
史上最大の震災を克服し復興を成し遂げた人々の力に学びたい。そんな思いから、関東大震災95周年にあわせて特別企画展を開催することにしました。
チラシのダウンロードはこちらをクリック 

ぶるる画像
    ● 夏休みスペシャル減災教室 ● (2018/08/04)
当日の様子は、こちらをクリックしてご覧ください

 

 

ぶるる画像
     ● 第23回特別企画展 ●

第23回特別企画展「人々が書き残した震災-濃尾地震と昭和東南海地震-」は終了いたしました。
たくさんのご来場をいただき、まことにありがとうございました。

第23回特別企画展のお知らせ

今日のような映像技術や情報伝達技術が発達していなかった時期の地震では、地震を体験した人々や地震直後に現地に入った人々の書き残した記録は、地震とその被害を検証するうえで貴重な資料となってきました。そこで今回は、濃尾地震(1891年10月28日)と昭和東南海地(1944年12月7日)に焦点を当て、体験した人々や地震直後に被災地を見た人々の書き残した記録や回顧談を紹介しながら、それらから見えてくる地震とその被害の特徴を考えてみます。
チラシのダウンロードはこちらをクリック
 

ぶるる画像
   ● 来館者が5万人に達しました ● (2017/10/19)
  
当日の様子は、こちらをクリックしてご覧ください
 

 

ぶるる画像
   ● 夏休みスペシャル減災教室2017 ● (2017/08/02)
当日の様子は、こちらをクリックしてご覧ください
 

 

ぶるる画像
   ● 来館者が4万人に達しました ● (2017/02/15)
当日の様子は、こちらをクリックしてご覧ください
 

 

ぶるる画像
   ● 減災館でのワークショップの様子 ●プロジェクションマッピングを応用した広域防災連携WS