第197回防災アカデミー(ハイブリッド)を開催します(4/19(金))

内容:スマトラ地震20年後のバンダアチェ―被災経験は生かされたのか―
講師:高橋 誠 さん(名古屋大学大学院環境学研究科教授/減災連携研究センター兼任・協力教員)
日時:2024年4月19日(金)18:00〜19:30
場所:名古屋大学減災館1階減災ホール・オンライン


インドネシアのスマトラ島北端のバンダアチェが、史上最悪と言われた津波災害に見舞われてから20年近くが経とうとしています。この間、ほとんど不可能と思われていた復興がどのようになし遂げられ、その後まちは災害に強くなったのでしようか。わたしたちの現地調査をもとに、東日本大震災との比較にも言及しながら考えます。

→ポスター(PDF)

◆開催形式:現地とオンライン(zoomウェビナー)のハイブリッド開催
◆参加費:無料
◆申込方法:
下記URLまたはQRコードよりお申込みください。ご登録いただきましたメールアドレス宛に参加方法をご案内します。
◆申込URL:https://forms.gle/7RsWCKnLJ4Q4KCt36 →お申込みはこちら

◆申込期限:2024年4月19日(金)正午まで

主催:名古屋大学減災連携研究センター
問い合わせ:防災アカデミー担当
MAIL: inquiry-academy●gensai.nagoya-u.ac.jp(●を@にお直しください)

→過去のアカデミーはこちら

This entry was posted in お知らせ, 最新情報, 防災アカデミー. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.