第145回げんさいカフェ(ハイブリッド)を開催しました

近年の火山噴火について

ゲスト:地震学者 山岡 耕春 さん(名古屋大学大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター教授/減災連携研究センター兼任・協力教員)
日時:2023月12月26日(火)18:00~19:30
場所:名古屋大学減災館1階減災ギャラリー・オンライン
企画・ファシリテータ: 隈本 邦彦 さん
(江戸川大学特任教授/名古屋大学減災連携研究センター客員教授)

 げんさいカフェは、「防災対策に資する南海トラフ地震調査研究プロジェクト」との共催で実施しています。

減災連携研究センターの研究者と市民とが対話する月1回のサイエンス・カフェです。地球上には1350もの活火山があり、米スミソニアン研究所によれば毎年40〜50の火山が噴火しているのだそうです。去年1月のトンガの火山噴火で日本に津波がやってきたことも記憶に新しいところ、最近では鳥島近海で原因不明の津波が発生するなど不穏な動きも起きています。世界の火山活動に目をやって、さらに火山国日本のこれからについても専門家と考えます。
  

→ポスター(PDF)

→過去のげんさいカフェの様子はこちら

This entry was posted in お知らせ, げんさいカフェ, 最新情報. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.