研究領域

狐塚貴博・野村あすか・松本真理子&心の減災研究会の研究紹介

 本研究会は本学教育発達科学研究科の臨床心理学を専門とする教員、院生、学外教員をメンバーとして、東日本大震災後の心のケアの現状を教訓に2012年から心の減災心理教育に関する研究、教材開発を行ってきました。これまでに「心の減災心理教育プログラム」「心の減災教材集」や外国語版(英語、ポルトガル語、タガログ語、中国語)「心の減災リーフレット」などを開発、製作し研修会などを通して地域に広く配布、HP配信しています。今後は、迫りくると言われている南海トラフ地震への備えとして、初期介入や中長期的なこころのケアに関する方法を研究テーマとして、実践的、理論的な研究や教材開発を行っていきます。
心の減災研究会URL:http://kokoro-gensai.educa.nagoya-u.ac.jp/wordpress/

     心の減災教材セット

 
個人HP(狐塚):http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100010070_ja.html
個人HP(野村):http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100010248_ja.html
個人HP(松本):http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100000565_ja.html
げんさいカフェの講演(第34回)松本:http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/?p=2320
防災アカデミーの講演(第89回)松本:http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/?p=965
研究領域一覧へ