競争的資金・賞など(平成28年度/2016年度)

(専任教員・特任教員・寄附研究部門教員が研究代表者として受けたものに限る)

競争的資金(科学研究費補助金)

  • 福和伸夫:「東日本大震災に学ぶ南海トラフ巨大地震での長周期建物の挙動予測・再現と耐震対策促進」,科学研究費補助金・基盤研究(A),2013年度‐2016年度
  • 野田利弘:「不飽和土を内包する地盤力学への展開と巨大地震に対する地盤~土構造物の耐震性評価」,科学研究費補助金・基盤研究(A),2013年度‐2016年度
  • 野田利弘:「二重硬化弾塑性構成式の提案とそれに基づく地盤材料力学の体系化」,科学研究費補助金・基盤研究(B),2016年度‐2017年度
  • 鈴木康弘:「ウランバートルの地震ハザード-活断層認定問題と1976年モゴド地震の再評価-」,科学研究費補助金・基盤研究(B),2016年度‐
  • 鈴木康弘:「ハザードマップにおける災害予測および避難情報伝達の機能向上に資する地理学的研究」,科学研究費補助金・基盤研究(B),2015年度‐
  • 鷺谷威:「異なる時空間スケールにおける日本列島の変形場の解明」,科学研究費補助金・新学術領域研究,2014年度‐2018年度
  • 平山修久:「災害時におけるトイレ機能確保のための事業継続計画とその実践に関する研究」,科学研究費補助金・基盤研究(C),2015年度‐2017年度
  • 長江拓也:「コンクリート系建物の骨組崩壊過程把握のためのサブストラクチャ振動台実験」,科学研究費補助金・基盤研究(C),2016年度‐2018年度
  • 北野哲司:「高経年化インフラ社会における先進的パイプライン耐震アセスメント解析手法の構築」,科学研究費助成事業挑戦的萌芽研究,2015年度‐2016年度
  • 田代喬:「流域内に連鎖する水利施設群が水系物質動態に及ぼす複合的影響の解明」,科学研究費助成事業若手研究(A),2014年度‐2016年度
  • 倉田和己:「防災啓発拠点施設における有効性向上のためのICTを活用した減災学習デザイン手法」,科学研究費補助金若手研究(B),2016年度‐2017年度

共同研究

  • 福和伸夫:「巨大地震に対する産業界の減災戦略策定のための基礎研究」,コンポン研究所,2016年度
  • 福和伸夫:「碧南市の地震・津波・洪水・高潮に対する被害の予測・検討、市民の防災意識を向上するための効果的なハザードマップのあり方、並びに予測される被害に対する碧南市のあるべき行動計画の研究」,碧南市,2015年度‐2016年度
  • 鷺谷威:「長岡平野西縁断層帯周辺のGPS観測・解析」,地震予知総合研究振興会,2016年度‐2018年度

その他

  • 福和伸夫:「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」,文部科学省,2013年度‐2020年度
  • 野田利弘:「産業集積地・津波リスク想定地のレジリエンス向上:南海トラフ地震」,内閣府,2014年度‐2018年度
  • 鈴木康弘:「社会レジリエンスの構築に資する日本・モンゴルの国際共同研究」,日本学術振興会,2016年度‐
  • 平山修久:「防災分野と連携した大規模災害時における災害廃棄物量の推定手法の構築」,環境省,2016年度‐2018年度
  • 長江拓也:「新構造システム開発による建築物の高耐震化」,公益財団法人 日東学術振興財団,2016年度

受賞

  • 福和伸夫:「第17回免震構造協会技術賞」,日本免震構造協会,2016年6月
  • 鈴木康弘ほか著者一同:「日本地理学会賞(著作発信部門)」,日本地理学会,2017年3月
  • 野中俊宏:「第51回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞」,地盤工学会,2016年10月
  • 倉田和己:「第18回災害情報学会大会 阿部賞(優秀ポスター発表賞)」,災害情報学会,2016年10月

別年度の内容

This entry was posted in 減災センター基本情報. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.