第155回防災アカデミーを実施しました

講師:遠藤 勝裕さん
  (元日本銀行 神戸支店長)
内容:大災害時における企業の危機管理―阪神大震災から学んだこと―
日時:2019年11月12日(火)18:00〜19:30
場所:減災館1階減災ホール

減災連携研究センターは11月12日(火)、減災館1階減災ホールにおいて、第155回防災
アカデミーを開催しました。今回は、元日本銀行神戸支店長の遠藤勝裕氏に「大災害時に
おける企業の危機管理―阪神大震災から学んだこと―」と題した講演をお願いし、73名の
参加がありました。
 
【講演概要】
日銀神戸支店長として阪神大震災に対応。この折の体験を語り、今後の減災の一助とする。
まず、何が起ったのかを思い起こし、①組織目的遂行のためすべきことは何か、②そのため
の障害は何であったか、③それを解決するために何をしたか、などを事実に沿い示す。そし
てそれらから得られた伝えるべき教訓の数々。


→ポスター(PDF)
過去のアカデミーはこちら

This entry was posted in お知らせ, 防災アカデミー. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.