競争的資金・賞など(平成30年度/2018年度)

(専任教員・特任教員・寄附研究部門教員が研究代表者として受けたものに限る)

競争的資金(科学研究費補助金)

  • 福和伸夫:「致命的災害病巣を検知・切除・治癒することによる南海トラフ地震の総合的減災的戦略研究」,科学研究費補助金・基盤研究(A),2017年度‐2021年度
  • 荒木裕子:「安全と生活・地域再建を考慮した災害危険区域指定手法の検討」,科学研究費補助金・基盤研究(C),2016年度‐2018年度
  • 鈴木康弘:「熊本地震から学ぶ活断層ハザードと防災教育・活断層防災学の構築を目指して」,科学研究費補助金・基盤研究(A),2018年度‐2021年度
  • 鈴木康弘:「ウランバートルの地震ハザードー活断層認定問題と1967年モゴド地震の再評価ー」,科学研究費補助金・基盤研究(B),2016年度‐2019年度
  • 野田利弘:「巨大地震・豪雨のマルチハザードに対する飽和/不飽和土構造物の安全性評価と強化対策」,科学研究費補助金・基盤研究(A),2017年度‐2021年度
  • 鷺谷威:「異なる時空間スケールにおける日本列島の変形場の解明」,科学研究費補助金・新学術領域研究,2014年度‐2018年度
  • 鷺谷威:「東日本の島弧地殻における非弾性変形マッピング」,科学研究費補助金・基盤研究(B),2018年度‐2022年度
  • 護雅史:「熊本地震において2度の震度7えお経験した庁舎建築の被災シミュレーション解析」,科学研究費補助金・基盤研究(C),2017年度‐2019年度
  • 長江拓也:「コンクリート系建物の骨組崩壊過程把握のためのサブストラクチャ振動台実験」,科学研究費補助金・基盤研究(C),2016年度‐2018年度
  • 山﨑雅人:「自然災害の経済被害に関する時間・空間連続性を考慮したシミュレーション手法の研究」,科学研究費補助金・若手研究(B),2017年度‐2019年度

共同研究

  • 福和伸夫:「巨大地震に対する産業界の減災戦略策定のための基礎研究」,コンポン研究所,2018年度

その他

  • 福和伸夫:「平成30年度南海トラフ地震による社会経済活動への影響評価に関する研究」,国土交通省中部地方整備局,2018年度
  • 福和伸夫:「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」,文部科学省,2013年度‐2020年度
  • 倉田和己:「機械学習を用いた都市空間の安全対策に資する建物構造データベース構築」,公益財団法人 日比科学技術振興財団,2018年度
  • 長江拓也:「非構造部材を含む構造物の崩壊余裕度に関するデータ収集・整備①簡易・広域センシングを用いた広域被害推定・危険度判定、首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト」,国立研究開発法人 防災科学技術研究所,2017年度‐2021年度
  • 平山修久:「防災分野と連携した大規模災害時における災害廃棄物量の推定手法の構築」,環境省,2016年度‐2019年度
  • 平山修久:「水道管路の製品管理システム開発に関する理論構築」,クボタ,2018年度‐2019年度
  • 西川智:「産官学協働による広域経済の減災・早期復旧戦略の立案手法開発」,国立研究開発法人 防災科学技術研究所,2018年度‐2020年度
  • 野田利弘:「地域協働と情報連携による地域密着型減災シンクタンク構想」,国立研究開発法人 科学技術振興機構,2017年度‐2018年度
  • 鈴木康弘:「モンゴルにおける地球環境変動に伴う大規模自然災害への防災啓発プロジェクト」,独立行政法人 国際協力機構中部国際センター,2017年度‐2019年度
  • 長江拓也:「スプリンクラーセル日の耐震性評価と技術資料の整備」,国立研究開発法人 防災科学技術研究所,2018年度

受賞

  • 福和伸夫:「Yahoo!ニュース個人、9月の月間MVA」,福和伸夫,2018年10月
  • 福和伸夫:「Yahoo!ニュース個人、10月の月間MVA」,福和伸夫,2018年11月
  • 鈴木康弘ほか:「日本環境共生学会著作賞」,日本環境共生学会,2018年9月
  • 野田利弘:「平成29年度第20階事業企画賞」,地盤工学会,2018年6月
  • 鷺谷威:「Outstanding reviewer 2018」,Geophysical Journal International ,2018年12月

別年度の内容

This entry was posted in 減災センター基本情報. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.