第136回防災アカデミーを開催します

講師:干場 充之さん(気象庁気象研究所地震津波研究部第3研究室長)
内容:揺れの数値予報:次世代の緊急地震速報を目指して
日時:2017年12月5日(火) 18:00〜19:30
場所:減災館1階減災ホール
※予約不要・入場無料

 講演の撮影・録音はご遠慮ください。
 駐車場はありません。必ず公共交通機関をご利用ください。

緊急地震速報の本格的な運用が始まってから10年が経過した.所定の効果を発揮してきていると言えるが,まだ,課題も多い.特に,広い震源域をもつ巨大地震の場合や地震が続発した場合への対応が求められている.天気の数値予報のように,地震の揺れを数値予報することでこれらの課題を克服する研究が進んでいる.

過去のアカデミーはこちら
→ポスター(PDF)

This entry was posted in お知らせ, 防災アカデミー. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.