第122回げんさいカフェ(ハイブリッド)を開催しました

阪神淡路大震災から27年 建物耐震化のパラダイムシフトを!

ゲスト:地震工学者 福和 伸夫 さん
   (名古屋大学減災連携研究センター教授)
日時:2022年 1月17日(月)18:00~19:30 
場所:名古屋大学減災館1階減災ホール・オンライン
企画・ファシリテータ: 隈本 邦彦 さん
(江戸川大学教授/名古屋大学減災連携研究センター客員教授)

減災連携研究センターの研究者と市民が対話する月1回のサイエンス・カフェ。27年前に阪神淡路大震災が起きた1月17日の開催となります。改めてあの震災の教訓を見つめ、これからは建物の耐震化の考え方を大きく変えて行くべきではないかという提言について、専門家との対話で考えます。
久しぶりに40人限定で会場にもご参加いただける予定です。オンラインでも中継するハイブリッド開催となります。(新型コロナ感染状況が悪化した場合はオンラインのみの開催となる可能性もあります)

cafe122

→ポスター(PDF)

主催:名古屋大学減災連携研究センター
問い合わせ:げんさいカフェ担当
MAIL: gencafe@gensai.nagoya-u.ac.jp

【げんさいカフェのファシリテータについて】

げんさいカフェのファシリテータは、NHK時代に科学報道に長く関わられた、サイエンスコミュニケーションの専門家である隈本邦彦氏(江戸川大学教授/減災連携研究センター客員教授)にお願いしております。毎回のカフェのゲストである各分野の専門家から、市民目線で科学的知見を聞き出し、分かり易い言葉で参加者に伝える事で、従来にない防災教育・啓発の実践が可能になります。

→過去のげんさいカフェの様子はこちら

This entry was posted in お知らせ, げんさいカフェ, 最新情報. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.