第153回防災アカデミーを開催します

講師:小峯 秀雄さん
  (早稲田大学理工学術院教授)
内容:福島第一原子力発電所の廃止措置に貢献する地盤工学~廃炉地盤工学の創生~
日時:2019年9月13日(金)18:00〜19:30
場所:減災館1階減災ホール
※事前申込不要・入場無料

 講演の撮影・録音はご遠慮ください。
 駐車場はありません。必ず公共交通機関をご利用ください。

地盤工学会・早稲田大学・千葉工業大学は,文部科学省「英知を結集した原子力科学技
術・人材育成推進事業 廃止措置研究・人材育成等強化プログラム」の支援の下,『福
島第一原子力発電所構内環境評価・デブリ取出しから廃炉までを想定した地盤工学的新
技術開発と人材育成プログラム』(2015年度~2019年度)を実施している.今回は,
中長期ロードマップに示された廃炉シナリオを踏まえて,より実効性の高い廃炉シナリ
オの構築と新技術開発,原子力分野の技術者と協働できる新しい地盤工学技術者の育成
プログラム「廃炉地盤工学」の創出哲学と具体的方針について講演する.

→ポスター(PDF)
過去のアカデミーはこちら

This entry was posted in お知らせ, 防災アカデミー. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.