第90回げんさいカフェを開催しました

最近の豪雨災害・地震災害から考えるハザードマップ活用の課題

ゲスト:地盤防災学者 利藤 房男 さん
   (名古屋大学減災連携研究センター地域社会防災計画寄附研究部門教授)

日時:2018年11月14日(水)18:00〜19:30
場所:名古屋大学減災館1階減災ギャラリー
企画・ファシリテータ: 隈本 邦彦
   (江戸川大学教授/名古屋大学減災連携研究センター客員教授)

 げんさいカフェは、「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」との共催で実施しています。

減災連携研究センターの研究者と市民とが対話する月に1回のサイエンス・カフェ。
西日本豪雨で浸水ハザードマップは活かされたのか? 北海道胆振東部地震、熊本地
震など最近多発傾向にある地震による液状化や大規模盛土滑動崩落災害に対してハザ
ードマップは有効なのか?ハザードマップの限界と課題について、専門家との対話で
考えます。

→ポスター(PDF)
※過去のげんさいカフェの様子はこちら

This entry was posted in お知らせ, げんさいカフェ. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.