研究領域

戸田祐嗣の研究紹介

(1)統合型洪水管理技術の開発

 気候変動による豪雨災害の激甚化、頻発化が予測されている。巨大洪水と真正面から向き合わなくてはいけないこれからの時代、河川水系内での堤防やダムなどの治水インフラ整備だけでなく、流域での流出抑制、洪水貯留技術、治水インフラの効果的で柔軟な運用技術、災害リスクを意識した土地利用のあり方など、流域統合型の洪水管理技術の開発が急務となっている。その実現に向け、各種の流域・河道内の治水対策の効果を評価できる解析技術の開発や河川の治水機能の維持管理技術の開発に取り組んでいる。

タイ国チャオプラヤ川中・上流域での2006年および2011年洪水氾濫域の解析(i-RIC Nays2D Flood)と衛星データの比較

 
個人HP:http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100000389_ja.html
げんさいカフェの講演:
防災アカデミーの講演:
研究領域一覧へ