INFORMATION

2017-2-19
春の文化講演会にて平成28年度の半田市における活動を紹介
2017-1-29
半田市役所にて自主防災会や消防団の女性を中心とした第2回WSを開催
2016-12-17
半田市役所にて自主防災会や消防団の女性を中心とした第1回WSを開催
2016-3-5
津島市児童科学館にて津島市内の高校生の製作した震災シミュレーションゲームの発表会を開催
2015-12-12
津島市蛭間学区にて学区住民と津島市内の高校生によるワークショップを開催
2015-02-07
平成26年度幸田町安全・安心なまちづくり推進大会にて平成26年度の幸田町における活動報告を実施
2014-09-27
幸田町深溝学区周辺、及び幸田町深溝小学校にてワークショップを開催
2014-05-07
東三河地域防災協議会研究成果発表会にて平成25年度の田原市における活動報告を実施
2014-02-22
田原市役所にてワークショップを開催
2013-09-28
名古屋大学にてキックオフシンポジウムを実施
2013-09-12
HPを開設

これまでの取り組み

平成28年度の取り組み(於:半田市)
平成27年度の取り組み(於:津島市)
平成26年度の取り組み(於:幸田町)
平成25年度の取り組み(於:田原市)

本プロジェクトについて

本プロジェクトでは、愛知県内の人口10万人以下の市町村の中から、地形・地質、自然災害履歴、災害危険度、産業構造、歴史的背景が異なり、かつ減災対策に対してやる気のある市町をモデル地区として、毎年1カ所(5年で5カ所)選定しています。そして、最新の地震防災科学技術研究の成果を最大限に活用するとともに、各地域の歴史的・地理的資料や人材等の災害対応力を含めた、防災・減災に関する情報収集を行います。これらを基に、ワークショップを自治体職員、地域の企業、住民等の連携で開催し、地域の課題、ニーズの洗出しを行うとともに、減災まちづくり・震災復興準備について検討することで、適切な防災・減災対策への道筋をつけます。また、地域報告会により、これら5市町を突破口とした、同様な地域特性を有する他の市町村への本成果の普及・展開を目指します。

事業の実施体制

事業代表者
名古屋大学減災連携研究センター 護 雅史
運営委員会
名古屋大学減災連携研究センターの研究者
愛知県、田原市、幸田町、半田市、津島市、犬山市の防災関連担当者

実施期間

平成25年5月から平成30年3月まで(4年11ヶ月)

モデル地区行政リンク

その他関係機関リンク