第29回特別企画展「東海豪雨から20年~豪雨がもたらす多面的リスクを理解し、備えるために」を開催しました

ぶるる画像
      ● 第29回特別企画展 ●


第29回特別企画展「東海豪雨から20年~豪雨がもたらす多面的リスクを理解し、備えるために」は終了いたしました。
(2020年6月24日(水)~2020年11月21日(土))
たくさんのアクセスをいただき、まことにありがとうございました。


20年前の2000年(平成12年)9月11~12日、東海地方では時間雨量約100mm、日雨量400~500mmという観測史上最大の集中豪雨に見舞われました.この「東海豪雨」(地域によっては「恵南豪雨」)により、平地に降って行き場を失った多量の水は下水道から溢れて市街地を浸水させ、山地に降った雨は多数の崩壊を伴いながら河川の洪水を引き起こしました.特に都市域では、住宅とともにインフラ施設が多数損傷し、ライフラインが広域・長期にわたって停止して産業活動が停滞する一方、山地域では大量の土砂流入により交通網が寸断されて、多数の集落、世帯が孤立する事態となりました.
九州北部豪雨(平成29年7月)、西日本を襲った平成30年7月豪雨、および、東日本台風(令和元年10月)といった近年の豪雨による災禍の中で、東海地方はたまたま被害を免れてきたと言えます.しかし、各地で更新される未曽有の豪雨や度重なる台風の襲来を踏まえると、いつ再び、第二の東海豪雨が当地に大きな被害をもたらさないとも限りません.私たちがかつて2000年の豪雨災害から学んだことは、将来、起こりうる豪雨災害への備えとして、今も活かされているでしょうか.”
本企画展では、「東海豪雨」から20年を機に当時の被害を振り返り、豪雨に関する知識の基本をおさらいしつつ(巡回展「雨展」の期間限定展示を予定)、その多面的リスクを理解するため、インフラ・ライフライン機能が停止し、社会影響が増幅する「都市浸水」の実態とその対策、中山間地の住民の生活基盤を奪い、生命を脅かす「土砂災害」への脅威とその備えに焦点を当てました.日ごろからの備えによって被害を極力減らし、被災後も日常の生活、産業活動を速やかに復旧させるにはどうしたらよいか、みなさまとともに考えたいと思います.

チラシのダウンロードはこちらをクリック

「減災館について」へ戻る

This entry was posted in 減災館展示. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.