第30回特別企画展「東日本大震災から10年~必ずやってくる南海トラフ地震にどう備えるか」展示室

画像をクリックすると、チラシがダウンロードできます。

ぶるる画像
      ✿バーチャル特別企画展✿ 

第30回特別企画展
「東日本大震災から10年~必ずやってくる南海トラフ地震にどう備えるか」


↑ 画像をクリックすると、チラシがダウンロードできます。

❖趣旨❖
 2011(平成23年)年3月に発生した東日本大震災から10年の節目を迎えようとしています。一方、前回の南海トラフ地震から75年余が経過し、次の地震へのカウントダウンは確実に進んでいます。
 東日本大震災は、東海地域に住む私たちに、南海トラフ地震に対する十分な備えを行うための猶予期間を与えてくれたと考えることもできます。本企画展では、東日本大震災を振り返り、迫りくる南海トラフ地震への備えについて考えるとともに、これまでの減災センターの取り組み・これからの役割について再確認します。


センター構成員によるエッセイ集「それぞれの3.11その日から私は」 
↓画像をクリック



展示パネル→会場はこちら


バーチャルスペシャルギャラリートーク

【その1】第30回特別企画展
    「東日本大震災から10年~必ずやってくる南海トラフ地震にどう備えるか」
       名古屋大学減災連携研究センター 護雅史特任教授 

 
【その2】東日本大震災に学び、南海トラフ地震に備える
       名古屋大学減災連携研究センター 福和伸夫教授 


関連ギャラリートーク

     「3.11から10年で分かったこと」
       名古屋大学減災連携研究センター 鷺谷威教授 


「げんさいカフェ」との連携企画
    企画・ファシリテータ: 隈本 邦彦 さん
   (江戸川大学教授/名古屋大学減災連携研究センター客員教授)

第111回げんさいカフェ(オンライン)を開催します
“東日本大震災から10年~必ずやってくる南海トラフ地震での地盤災害を考える”
ゲスト:地盤工学者 野田 利弘 さん(名古屋大学減災連携研究副センター長・教授)
日時:2021年 3月1日(月)18:00~19:30 →詳細・参加申込はこちら

第110回げんさいカフェ(オンライン)を開催しました
“東日本大震災から10年~減災連携研究センターは必ずやってくる南海トラフ地震にどう立ち向かうか”
ゲスト:地震工学者 福和 伸夫さん(名古屋大学減災連携研究センター長・教授)
日時:2021年 1月6日(水)18:00~19:30 ※終了しました。→詳細はこちら

第109回げんさいカフェ(オンライン)を開催しました
“東日本大震災から10年ー必ずやってくる南海トラフ地震の津波は?”
ゲスト:津波学者 富田 孝史 さん
   (名古屋大学大学院環境学研究科教授/減災連携研究センター兼任)
日時:2020年 12月2日(水)18:00~19:30 ※終了しました。→詳細はこちら
 

   
※許可なくコンテンツまたはその一部を転載することを禁じます。
Reproducing all or any part of the contents is prohibited without the author’s permission.
【お問合せ先】052-789-3468 展示担当

  
「減災館について」へ戻る

This entry was posted in 減災館展示. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.